メニューを開く 検索を開く ログイン

英製薬大手がワクチンを9月から供給へ...今夏、米で3万人規模の薬効試験〔読売新聞〕

 2020年05月22日 15:25
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 【ロンドン=池田晋一】英製薬大手アストラゼネカは21日、英オックスフォード大と開発した新型コロナウイルスのワクチンを9月から供給すると発表した。

 アストラゼネカは2020~21年にかけて、10億回分のワクチン生産が可能になったとした。米生物医学先端研究開発局(BARDA)は同社に対し、最大12億ドル(約1300億円)の助成金を支給する方針で、初回に供給される4億回分のうち、3億回分が米国に送られる予定だという。

 アストラゼネカは21日の声明で、英南部の健康な1000人を対象に試験中だとし、「試験を加速し、生産能力を拡大する決意だ」と述べた。効果が確認できれば、複数国で試験を実施するとしている。今夏には米国で3万人規模を対象に薬効を試す。

(2020年5月22日 読売新聞)

ヨミドクター

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナ、第二波対策で最重要課題は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  yomiDr. »  英製薬大手がワクチンを9月から供給へ...今夏、米で3万人規模の薬効試験〔読売新聞〕

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P05530363 有効期限:5月末まで