メニューを開く 検索を開く ログイン

重症筋無力症にリツキシマブ早期投与が有効

 2020年05月23日 05:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 スウェーデン・Karolinska InstitutetのSusanna Brauner氏らは、抗筋特異的チロシンキナーゼ(MuSK)抗体陰性の全身性重症筋無力症(MG)患者70例超を対象に、B細胞枯渇作用を有する抗CD20モノクローナル抗体リツキシマブの有効性と安全性を後ろ向きコホート研究で検討。その結果、リツキシマブは初発例の寛解達成までの期間(寛解導入期間)を短縮し、従来の免疫抑制療法より治療効果が高かったとJAMA Neurol2020年5月4日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  重症筋無力症にリツキシマブ早期投与が有効