メニューを開く 検索を開く ログイン

PCSK9阻害薬で認知機能低下せず

エボロクマブのFOURIER試験参加者2万例超で検証

 2020年05月25日 15:57
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 PCSK9阻害薬エボロクマブは日本で2016年1月に脂質異常症治療薬として承認され、『急性冠症候群ガイドライン(2018年改訂版)』では経皮的冠動脈インタベーション(PCI)施行後の再発(二次)予防において「考慮してもよい」と記載されるなど、LDLコレステロール(LDL-C)抑制効果に注目が集まっている。同じく脂質異常症治療薬のスタチンには認知機能を低下させるとの懸念があるが、米・Brigham Women's HospitalのRobert P. Giugliano氏らはスタチン+エボロクマブ併用が認知機能に及ぼす影響を検証。LDL-C値100mg/dL以上の高リスク患者でも悪影響は認められなかったと、J Am Coll Cardiol(2020; 75: 2283-2293)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  PCSK9阻害薬で認知機能低下せず