メニューを開く 検索を開く ログイン

ディズニー映画でがん化学療法中のQOLが改善

 2020年05月27日 05:15
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 がんの化学療法は患者の精神、肉体的負担が大きく副作用が現れることを懸念する患者も少なくない。オーストリア・Medical University of ViennaのSophie Phil氏らは、ディズーニ映画の鑑賞が婦人科がん患者の精神状態や総合的な健康に及ぼす影響を検討。その結果、不安や社会生活機能、疲労状態の改善が認められたと(JAMA Netw Open 2020; 3: e204568)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  ディズニー映画でがん化学療法中のQOLが改善

error in template: found but mtif was expected