メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

婦人科でロボット手術プロクター制度が発足

 2020年05月27日 05:20
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 da Vinciサージカルシステムによるロボット支援手術は、わが国では2012年に泌尿器科(前立腺がん)で保険収載され、2018年以降、他の診療科にも適応が拡大されてきた。同手術は、従来の内視鏡手術にロボット機能を組み合わせることで、安全性と正確性が向上する一方、技術習得には一定の修練が必要なため、婦人科領域で執刀できる医師数は限られているのが現状だ。このほど日本婦人科ロボット手術学会(JSGRS)が制度化したプロクター(手術指導者)制度について、鹿児島大学病院産科婦人科教授の小林裕明氏に聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  婦人科でロボット手術プロクター制度が発足

error in template: found but mtif was expected