メニューを開く 検索を開く ログイン

アビガン中間報告、有効性は慎重に解釈必要

尿酸値上昇や肝障害などの副作用目立つ

 2020年05月27日 17:12
プッシュ通知を受取る

188名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療候補薬として有望視されている抗ウイルス薬ファビピラビル(商品名アビガン)について、藤田医科大学は昨日(5月26日)、COVID-19患者に対する観察研究の中間報告を日本感染症学会の公式サイトで発表した。投与開始から14日目に軽症患者の88%、中等症患者の85%で改善が見られた一方で、重症患者では60%にとどまった。転帰入力時点での致死率は重症例では32%に上り、高齢者で顕著に高かった。COVID-19は8割以上が軽症で自然軽快する例も多いため、同薬の有効性について「慎重に結果を解釈する必要がある」と結論している。また、副作用としては尿酸値上昇・高尿酸血症や肝障害といった既知のものが多く見られた。なお、ファビピラビルは今月中の承認を目指していたが、加藤勝信厚生労働大臣は臨床研究や治験を継続する方針を示しており、承認は6月以降にずれ込む見通しだ。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

どうする、福島原発の汚染処理水

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  アビガン中間報告、有効性は慎重に解釈必要

error in template: found but mtif was expected