メニューを開く 検索を開く ログイン

日本の子宮頸がんは今世紀中に排除可能か?

HPVワクチン接種と検診を

 2020年05月30日 05:00
プッシュ通知を受取る

16名の先生が役に立ったと考えています。

 子宮頸がんにはヒトパピローマウイルス(HPV)感染がほぼ100%関与する。HPVの一過性感染から持続感染による前がん病変形成を経て、子宮頸がんへと進展する過程も判明しており、各段階での予防法も確立されている。一次予防としてはHPVワクチン接種、二次予防としては子宮頸がん検診受診があり、両者を合わせて行うことで子宮頸がんリスクは軽減できる。世界では今世紀(21世紀)中に子宮頸がんが「排除可能」との推計も報告されている。HVPワクチンの有効性と今後の子宮頸がん発症の動向について、第72回日本産科婦人科学会(4月23日~5月11日、ウェブ開催)で新潟大学産科婦人科学教室の工藤梨沙氏が解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

どうする、福島原発の汚染処理水

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  女性疾患・周産期 »  日本の子宮頸がんは今世紀中に排除可能か?

error in template: found but mtif was expected