メニューを開く 検索を開く ログイン

小児期の虐待経験が生活習慣病リスクに?

 2020年06月01日 05:05
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 小児期に不適切な養育(広義の虐待)を受けた人は成人後の心臓病、高血圧、2型糖尿病の発症リスクが有意に高いことが分かった。英・University of BirminghamのJoht S. Chandan氏らがJ Am Heart Assoc(2020; 9: e015855)で報告した。不適切な養育には、積極的な加害行為である虐待(abuse)と養育の怠慢・放棄であるネグレクト(neglect)が含まれ、英語では両者を合わせてmaltreatmentの語を当てている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  小児 »  小児期の虐待経験が生活習慣病リスクに?