メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  小児 »  小児期の虐待経験が生活習慣病リスクに?

小児期の虐待経験が生活習慣病リスクに?

2020年06月01日 05:05

11名の医師が参考になったと回答 

 小児期に不適切な養育(広義の虐待)を受けた人は成人後の心臓病、高血圧、2型糖尿病の発症リスクが有意に高いことが分かった。英・University of BirminghamのJoht S. Chandan氏らがJ Am Heart Assoc(2020; 9: e015855)で報告した。不適切な養育には、積極的な加害行為である虐待(abuse)と養育の怠慢・放棄であるネグレクト(neglect)が含まれ、英語では両者を合わせてmaltreatmentの語を当てている。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

治安は悪化している? この1年で防犯対策をしましたか?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  小児 »  小児期の虐待経験が生活習慣病リスクに?