メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

PSA検診非推奨後に進行前立腺がん増加

米・がん統計データベースで検討

 2020年06月02日 06:15
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

 米国予防医学専門委員会(USPSTF)は、前立腺特異抗原(PSA)による前立腺がん検診を2008年に75歳以上の男性、2012年には全男性に対し推奨しないとする勧告を発表。その後、2015年までの幾つかの研究で米国の前立腺がん発生率は非転移性が低下したものの、リンパ節転移および遠隔転移は上昇したことが報告された。USPSTFの勧告から5年後においても上昇しているのか-。米国がん協会のAhmedin Jemal氏らが検討した結果、米国の50歳以上の男性でリンパ節転移および遠隔転移前立腺がん発生率が上昇し続けていることを、J Natl Cancer Inst2020年5月20日オンライン版)に報告した。 

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  PSA検診非推奨後に進行前立腺がん増加

error in template: found but mtif was expected