メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

本日から唾液でもPCR検査、何が変わる?

 2020年06月02日 16:52
プッシュ通知を受取る

23名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染の有無を調べるPCR検査では、現在は鼻咽頭拭い液をスワブで採取する方法が主流だが、本日(6月2日)から唾液を検体として用いることが可能になった。厚生労働省が全国の自治体に通知したもので、綿棒を鼻の奥に入れて粘液を採取するという従来法に比べて、検査時の専門スタッフの確保の手間、医療従事者への感染リスクなどが軽減される。発熱などの症状が出てから9日以内の患者が対象となり、公的医療保険の適用となる。今後、検査件数の増加が期待される(関連記事「どう使い分けるPCR、抗原、抗体検査」)。 

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  本日から唾液でもPCR検査、何が変わる?