メニューを開く 検索を開く ログイン

「COVID-19患者は蘇生不要」に疑義

中国の報告を覆す米新研究

 2020年06月03日 14:39
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 院内心停止に至った新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者に関して、中国武漢市における研究結果を基に、心肺蘇生処置(CPR)後の救命率は低いため、医療者の感染リスクや資源不足の緩和の観点からCPRは不要との議論がある。米・University of Iowa Carver College of MedicineのSaket Girotra氏らは、米国におけるCOVID-19"流行前"の重症患者のCPR救命率データを解析し、全体の救命率は中国の報告より高いこと、患者や治療の背景により救命率に著明な差があることなどから、「COVID-19患者に対するCPR一律不要の指示は適切ではない」と報告した。詳細はCirc Cardiovasc Qual Outcomes2020年5月22日オンライン版)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京でコロナ患者急増、対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  「COVID-19患者は蘇生不要」に疑義

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07530454 有効期限:7月末まで