メニューを開く 検索 ログイン

MDSCを標的とした新規卵巣がん治療

2020年06月04日 17:10

3名の医師が参考になったと回答 

 腫瘍は免疫逃避機構により宿主の免疫から逃れている。その1つである免疫チェックポイント機構の阻害によりさまざまながんで抗腫瘍効果が示されているが、卵巣がんに対する免疫チェックポイント阻害薬(ICI)単独投与の効果は限定的である。国立病院機構京都医療センター産科婦人科診療科長の安彦郁氏は、第72回日本産科婦人科学会(4月23日~28日、ウェブ開催)において、骨髄由来免疫抑制細胞(MDSC)を標的とした新たながん免疫療法について解説した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  MDSCを標的とした新規卵巣がん治療