メニューを開く 検索を開く ログイン

肺がん術後オシメルチニブ、DFSを大幅改善

第Ⅲ相ADAURA

 2020年06月04日 15:25
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 非小細胞肺がん(NSCLC)では、完全切除後の再発率が高いことが問題となっている。米・Yale Cancer CenterのRoy S. Herbst氏は、ⅠB~ⅢA期の上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異陽性NSCLC患者の術後療法における第三世代EGFRチロシンキナーゼ阻害薬オシメルチニブの有効性と安全性をプラセボを対照に比較検討した第Ⅲ相臨床試験ADAURAの結果から、無病生存期間(DFS)の大幅な改善が認められたと米国臨床腫瘍学会(ASCO20 Virtual Scientific Program、5月29~31日、ウェブ開催)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ禍での避難所生活。最も呼び掛けたい注意点は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  学会レポート »  肺がん術後オシメルチニブ、DFSを大幅改善

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07530504 有効期限:7月末まで