メニューを開く 検索を開く ログイン

下肢血行再建術後にリバーロキサバンが有効

アスピリン単独療法と併用療法の比較

 2020年06月05日 19:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 米・University of ColoradoのMarc P. Bonaca氏らは、下肢血行再建術を受けた症候性末梢動脈疾患(PAD)患者6,000例超を対象に、アスピリン+リバーロキサバン併用療法の効果をアスピリン単独療法と比較する二重盲検ランダム化比較試験を実施。リバーロキサバン群では下肢・心血管複合イベントの発生率が有意に低下したとN Engl J Med2020; 382: 1994-2004)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京でコロナ患者急増、対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  下肢血行再建術後にリバーロキサバンが有効

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07530459 有効期限:7月末まで