メニューを開く 検索を開く ログイン

ビールの苦味成分が認知機能を改善?

 2020年06月07日 05:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 認知症の根本的治療法がない現在、日常生活でできる予防法への期待が高まっている。順天堂大学精神医学講座先任准教授の大沼徹氏らは、ビールに含まれる苦味成分である熟成ホップ由来苦味酸(ホップ苦味酸)が認知機能の低下している中高年に及ぼす影響を検討するランダム化比較試験を実施。その結果、ホップ苦味酸の継続摂取により認知機能やストレス状態が改善することを明らかにし、J Alzheimers Dis2020年5月26日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京でコロナ患者急増、対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  高齢者 »  ビールの苦味成分が認知機能を改善?

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07530525 有効期限:7月末まで