メニューを開く 検索 ログイン

ウパダシチニブ、長期試験でも有効性維持

2020年06月08日 15:51

2名の医師が参考になったと回答 

 関節リウマチ(RA)治療薬ウパダシチニブ(UPA)は、米国では2019年8月、日本では2020年1月に承認されたJAK阻害薬である。過去の研究では、48週までの有効性および安全性においてアダリムマブ(ADA)に対する優越性が示されているが、このたび米・University of Texas Southwestern Medical CenterのRoy Fleischmann氏がUPAの72週までの有効性および安全性を検証。同様にADAに対する優越性が示されたと、欧州リウマチ学会(EULAR 2020、6月3日からウェブ開催)で発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  リウマチ・膠原病 »  ウパダシチニブ、長期試験でも有効性維持

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD530524 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外