メニューを開く 検索を開く ログイン

ウイルス感染後の嗅覚障害で脳神経障害6倍

慢性副鼻腔炎との症例対照研究

 2020年06月09日 05:15
プッシュ通知を受取る

18名の先生が役に立ったと考えています。

 タイ・Navamindradhiraj UniversityのKawinyarat Jitaroon氏らは、ウイルス感染後嗅覚障害の患者と嗅覚障害のない慢性副鼻腔炎の患者における嗅覚障害以外の脳神経障害の発生率を比較した結果、ウイルス感染後嗅覚障害の患者における発生率が約6倍高かったとJAMA Otolaryngol Head Neck Surg2020; 146: 465-470)に発表した。ウイルス感染後嗅覚障害はよく見られる嗅覚障害の原因であり、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)においても症例が報告されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  ウイルス感染後の嗅覚障害で脳神経障害6倍

error in template: found but mtif was expected