メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

希少肺がん集団で世界初の第Ⅲ相試験

HGNEC術後のイリノテカン+シスプラチン、RFSを延長せず:JCOG1205/1206

 2020年06月10日 05:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 JCOG1205/1206試験は、肺領域における高悪性度神経内分泌がん(HGNEC)の完全切除例の術後補助療法として、標準治療のエトポシド+シスプラチン併用療法を対照群に対する、イリノテカン+シスプラチン併用療法の優越性を前向きに検証した初の第Ⅲ相試験である。静岡県立静岡がんセンター呼吸器内科医長の釼持広知氏は、第56回米国臨床腫瘍学会(ASCO20 Virtual Scientific Program、5月29~31日、ウェブ開催)で、同試験の結果を発表。主要評価項目である無再発生存期間(RFS)に両群で差が認められなかったことを報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  希少肺がん集団で世界初の第Ⅲ相試験