メニューを開く 検索を開く ログイン

希少肺がん集団で世界初の第Ⅲ相試験

HGNEC術後のイリノテカン+シスプラチン、RFSを延長せず:JCOG1205/1206

 2020年06月10日 05:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 JCOG1205/1206試験は、肺領域における高悪性度神経内分泌がん(HGNEC)の完全切除例の術後補助療法として、標準治療のエトポシド+シスプラチン併用療法を対照群に対する、イリノテカン+シスプラチン併用療法の優越性を前向きに検証した初の第Ⅲ相試験である。静岡県立静岡がんセンター呼吸器内科医長の釼持広知氏は、第56回米国臨床腫瘍学会(ASCO20 Virtual Scientific Program、5月29~31日、ウェブ開催)で、同試験の結果を発表。主要評価項目である無再発生存期間(RFS)に両群で差が認められなかったことを報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京でコロナ患者急増、対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  希少肺がん集団で世界初の第Ⅲ相試験

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07530564 有効期限:7月末まで