メニューを開く 検索を開く ログイン

「極めてまれ」で釈明会見、WHO

 2020年06月10日 15:16
プッシュ通知を受取る

16名の先生が役に立ったと考えています。

 世界保健機関(WHO)が6月9日(スイス時間)に行った新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する記者会見の中で、不顕性感染者が他者にウイルスを伝播する可能性について「現時点でわれわれが入手しているデータから、依然として極めてまれ」との見解を示したことに対して反論や疑問の声が寄せられている。そうした事態を受け、発言者であるWHOの新興感染症・動物原性感染症部門長などを務めるMaria Van Kerkhove氏が釈明会見に臨んだ(『新型コロナ、不顕性者からは「極めてまれ」』)。

25593_photo1.jpg〔記者会見で釈明するMaria Van Kerkhove氏(WHO/Live on #COVID19 transmission with @DrMikeRyan & Dr @mvankerkhove. #AskWHO)〕

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

どうする、福島原発の汚染処理水

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  「極めてまれ」で釈明会見、WHO

error in template: found but mtif was expected