メニューを開く 検索を開く ログイン

糖尿病予防プログラム、職場での効果は?

対面式とオンライン式で比較

 2020年06月12日 05:00
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 米国の糖尿病予備軍は推計約8,400万人に上る。これら糖尿病の高リスク群への生活習慣介入により、糖尿病発症率を58%低下させるという糖尿病予防プログラム「Diabetes Prevention Program(DPP)」の職域での効果はどうか。米・Kaiser Permanente Division of ResearchのAssiamira Ferrara氏らは、糖尿病高リスク者を対面式のDPPとオンライン形式のDPPの2群に分け効果を比較、結果をPrev Chronic Dis2020; 17: E38)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  糖尿病・内分泌 »  糖尿病予防プログラム、職場での効果は?