メニューを開く 検索を開く ログイン

花粉数を減らす遺伝子発見

花粉症対策に寄与する可能性

 2020年06月12日 17:21
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 横浜市立大学木原生物学研究所の清水健太郎氏らは、シノイヌナズナを対象に花粉数の計測や遺伝子解析を実施した結果、植物の花粉数を制御する遺伝子REDUCED POLLEN NUMBER1RDP1)を同定したと報告した。今後、RDP1を利用して花粉症の原因となる植物の花粉数を減少させる技術などの開発が期待される。研究の詳細は、Nature Communications2020年6月8日オンライン版)に掲載されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  アレルギー »  花粉数を減らす遺伝子発見