メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

Ⅳ期乳がんの原発巣切除で予後改善せず

第Ⅲ相試験ECOG-ACRIN 2108

 2020年06月12日 05:05
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 de novo Ⅳ期で至適全身療法を導入した乳がん患者を対象として、その後も全身療法を継続する群と早期の局所療法(Eary local therapy;ELT)に切り替える群に割り付け、全生存期間(OS)を比較したECOG-ACRIN 2108試験。米・Northwestern MedicineのSeema A. Khan氏は、第56回米国臨床腫瘍学会(ASCO20 Virtual Scientific Program、5月29~31日、ウェブ開催)で同試験の結果を発表。両群でOSに差は認められなかったと報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  Ⅳ期乳がんの原発巣切除で予後改善せず

error in template: found but mtif was expected