メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

既治療HER2陽性胃がん 抗体薬物複合体が奏効

第Ⅱ相試験DESTINY-Gastric01

 2020年06月12日 05:15
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 HER2陽性の進行・再発胃がんに対しては化学療法+抗HER2抗体トラスツズマブの併用療法が推奨されるが、この治療に不応の患者に対するHER2標的療法の選択肢はなく、他の抗悪性腫瘍薬の効果も限定的である。トラスツズマブ デルクステカン(T-DXd)はHER2を標的とする抗体薬物複合体(ADC)であり、化学療法歴を有するHER2陽性の手術不能/再発乳がんを適応として今年(2020年)3月にわが国でも承認された。国立がん研究センター東病院消化管内科の設楽紘平氏らは、HER2陽性進行胃がん/胃食道接合部がんを対象とした第Ⅱ相非盲検ランダム化比較試験DESTINY-Gastric01の結果について、第56回米国臨床腫瘍学会(ASCO20 Virtual Scientific Program、5月29~31日、ウェブ開催)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  既治療HER2陽性胃がん 抗体薬物複合体が奏効

error in template: found but mtif was expected