メニューを開く 検索を開く ログイン

グルココルチコイドでARDS死亡増の理由

IFNβの効果を阻害

 2020年06月13日 05:05
プッシュ通知を受取る

16名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)などに伴うウイルス性の急性呼吸窮迫症候群(ARDS)に対するグルココルチコイドの使用は、インターフェロン(IFN)-β-1aのシグナル伝達を阻害して死亡リスクを高めることが示された。フィンランド・Faron Pharmaceuticals社のJuho Jalkanen氏らは、INTEREST試験のデータを用いてARDSに対するIFN-β-1a治療へのグルココルチコイド上乗せが及ぼす影響を解析した結果を、Intensive Care Med(2020年5月19日オンライン版)に発表した。ヒト肺組織培養実験において、グルココルチコイドがIFN-βのシグナル伝達および、血管透過性抑制に重要なCD73のアップレギュレーションを阻害することも確認したという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  グルココルチコイドでARDS死亡増の理由

error in template: found but mtif was expected