メニューを開く 検索を開く ログイン

世界の乾癬の発生率・有病率が明らかに

168件のシステマチックレビューとメタ解析

 2020年06月15日 17:20
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 世界保健機関(WHO)は2014年の世界保健総会において、加盟国に対し乾癬を重篤な非感染性疾患として認識し、乾癬の疫学をより深く理解することを求める決議を採択した。しかし、これまでの研究で得られた乾癬の疫学についてはその知見にギャップがある。英・University of ManchesterのRosa Parisi氏らは、乾癬の発生率と全世界、地域別および国別の有病率を推定するため、システマチックレビューおよびメタ解析を行った。その結果、高所得地域や高齢者が多い地域で高かったことなどを、BMJ2020; 369: m1590)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

猛暑を過ごすイチ押しは?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  皮膚 »  世界の乾癬の発生率・有病率が明らかに

error in template: found but mtif was expected