メニューを開く 検索を開く ログイン

ドキシサイクリン、大動脈瘤拡大を抑制せず

米・プラセボ対照RCT

 2020年06月15日 17:35
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 腹部大動脈瘤は自覚症状に乏しく、患者のQOLに及ぼす影響は小さい。しかしひとたび発生すると進行性に拡大し、一定以上の大きさに達すると破裂するリスクが高まる。瘤の拡大抑制目的で用いられるテトラサイクリン系抗菌薬のドキシサイクリンについて、プラセボに対し有意な効果は見られなかったとするランダム化比較試験(RCT)の結果を米・University of Nebraska School of MedicineのB. Timothy Baxter氏らがJAMA2020; 323: 2029-2038)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ禍での避難所生活。最も呼び掛けたい注意点は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  ドキシサイクリン、大動脈瘤拡大を抑制せず

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07530553 有効期限:7月末まで