メニューを開く 検索を開く ログイン

早期胃がん内視鏡治療後の出血予測が可能に

 2020年06月15日 05:10
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 内視鏡的粘膜下層剝離術(ESD)は、外科的手術に比べ低侵襲で、リンパ節転移のリスクがない早期胃がんに対して広く行われている。しかし、約5%に術後の偶発的な出血が生じるとの報告があり、術前のリスク分類が求められていた。そうした中、東北大学大学院消化器病態学分野教授の正宗淳氏らは、早期胃がんに対するESD施行後に生じる出血リスクを術前に予測しうる出血予測モデルを開発したと、Gut2020年6月4日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京でコロナ患者急増、対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  早期胃がん内視鏡治療後の出血予測が可能に

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07530588 有効期限:7月末まで