メニューを開く 検索を開く ログイン

CT検査における造影剤の急性副作用対策

 2020年06月15日 05:05
プッシュ通知を受取る

78名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images Nerthuz ※画像はイメージです

 国内におけるCT検査の実施件数は年間3,000万件と推定され、そのうち約25%が造影CT検査である。非イオン性ヨード造影剤投与に伴う重篤な副作用の発生率は0.04%と報告されており、年間3,000件の重篤な副作用が発生していると推定される。広島大学大学院放射線診断学教授の粟井和夫氏は、ヨード造影剤の急性副作用への対策について、第79回日本医学放射線学会(JRS、5月15日〜6月5日、ウェブ開催)で解説。「ヨード造影剤による急性副作用の既往がある患者では、造影剤の種類の変更が有効」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  放射線 »  CT検査における造影剤の急性副作用対策

error in template: found but mtif was expected