メニューを開く 検索を開く ログイン

イマチニブのGIST術後3年投与で死亡半減

第Ⅲ相試験SSGXVIII/AIOの長期予後解析

 2020年06月16日 15:10
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 消化管間質腫瘍(GIST)に対する術後補助療法として、第一世代チロシンキナーゼ阻害薬(TKI)イマチニブを1年間または3年間投与し、有効性を検証した第Ⅲ相ランダム化比較試験(RCT)SSGXVIII/AIOの術後10年間における長期成績から、3年間投与した患者では死亡率が半減していたことが示された。ドイツ・HELIOS Klinikum Berlin-BuchのPeter Reichardt氏が第56回米国臨床腫瘍学会(ASCO20 Virtual Scientific Program、5月29~31日、ウェブ開催)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ禍での避難所生活。最も呼び掛けたい注意点は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  糖尿病・内分泌 »  イマチニブのGIST術後3年投与で死亡半減

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07530625 有効期限:7月末まで