メニューを開く 検索を開く ログイン

新規機序による前立腺がん治療薬が好成績

蛋白質分解誘導薬ARV-110のfirst-in-human試験

 2020年06月16日 18:16
プッシュ通知を受取る

 近年、標的蛋白の分解を誘導するproteolysis targeting chimeras(PROTAC:蛋白質分解誘導薬)が注目されている。米・Smilow Cancer Center/Yale UniversityのDaniel P. Petrylak氏らは、アンドロゲン受容体(AR)を標的とした蛋白質分解誘導薬であるARV-110の第Ⅰ相試験について、中間解析結果を第56回米国臨床腫瘍学会(ASCO20 Virtual Scientific Program、5月29~31日、ウェブ開催)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京でコロナ患者急増、対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  新規機序による前立腺がん治療薬が好成績

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07530653 有効期限:7月末まで