メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  新規機序による前立腺がん治療薬が好成績

新規機序による前立腺がん治療薬が好成績

蛋白質分解誘導薬ARV-110のfirst-in-human試験

2020年06月16日 18:16

 近年、標的蛋白の分解を誘導するproteolysis targeting chimeras(PROTAC:蛋白質分解誘導薬)が注目されている。米・Smilow Cancer Center/Yale UniversityのDaniel P. Petrylak氏らは、アンドロゲン受容体(AR)を標的とした蛋白質分解誘導薬であるARV-110の第Ⅰ相試験について、中間解析結果を第56回米国臨床腫瘍学会(ASCO20 Virtual Scientific Program、5月29~31日、ウェブ開催)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  新規機序による前立腺がん治療薬が好成績