メニューを開く 検索を開く ログイン

抗てんかん薬がAD患者の死亡リスクに関連

フィンランド・全数登録コホート

 2020年06月17日 05:10
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 抗てんかん薬の使用は、地域で暮らすアルツハイマー病(AD)高齢患者の死亡リスク上昇に関連することが示された。University of Eastern FinlandのTatyana Sarycheva氏らは、2005~11年にフィンランドでADと診断された約7万人における抗てんかん薬の使用状況を追跡調査した結果をNeurology(2020年5月19日オンライン版)に発表。認知障害を有する高齢者では、てんかん以外の適応症への抗てんかん薬の使用は慎重にすべきと警鐘を鳴らしている(関連記事「高齢者の多剤服用の対策が急務に」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ禍での避難所生活。最も呼び掛けたい注意点は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  抗てんかん薬がAD患者の死亡リスクに関連

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07530601 有効期限:7月末まで