メニューを開く 検索を開く ログイン

認知行動療法で免疫機能が改善

身体疾患に伴う炎症を抑制する可能性

 2020年06月17日 05:00
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 認知行動療法などの心理社会的介入は、一般的に不安や抑うつといったメンタルヘルスの問題に対して行われる。しかし、心理社会的介入によって免疫機能が改善し、身体的な疾患に伴う炎症反応を抑制する可能性がある。米・University of California, DavisのGrant S. Shields氏らが、JAMA Psychiatry2020年6月3日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  その他診療領域 »  認知行動療法で免疫機能が改善