メニューを開く 検索を開く ログイン

重症COVID-19で血液がん治療薬の有効性確認

炎症マーカーも迅速に改善

 2020年06月17日 16:25
プッシュ通知を受取る

51名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に伴う重症肺炎やサイトカインストーム(過剰免疫反応)によって発症する急性呼吸窮迫症候群(ARDS)への有効性が期待されているブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)阻害薬acalabrutinibの小規模の臨床試験結果を米国立がん研究所(NCI)のMark Roschewski氏らの研究グループがSci Immunol2020; 5: eabd 0110)に発表した。重症COVID-19患者に同薬を投与した試験で、大半の患者で血中酸素濃度が投与開始後1~3日で改善し、C反応性蛋白(CRP)やインターロイキン(IL)-6といった炎症マーカーが迅速に正常化したことが確認された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

QRコード使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  重症COVID-19で血液がん治療薬の有効性確認

error in template: found but mtif was expected