メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  重症COVID-19で血液がん治療薬の有効性確認

重症COVID-19で血液がん治療薬の有効性確認

炎症マーカーも迅速に改善

2020年06月17日 16:25

51名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に伴う重症肺炎やサイトカインストーム(過剰免疫反応)によって発症する急性呼吸窮迫症候群(ARDS)への有効性が期待されているブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)阻害薬acalabrutinibの小規模の臨床試験結果を米国立がん研究所(NCI)のMark Roschewski氏らの研究グループがSci Immunol2020; 5: eabd 0110)に発表した。重症COVID-19患者に同薬を投与した試験で、大半の患者で血中酸素濃度が投与開始後1~3日で改善し、C反応性蛋白(CRP)やインターロイキン(IL)-6といった炎症マーカーが迅速に正常化したことが確認された。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  重症COVID-19で血液がん治療薬の有効性確認