メニューを開く 検索を開く ログイン

オラネキシジン消毒薬で術後感染が半減

日本発の医師主導型RCT

 2020年06月19日 18:15
プッシュ通知を受取る

79名の先生が役に立ったと考えています。

 最も一般的な術後合併症である手術部位感染(SSI)。患者の生命予後を大きく左右するため、最重要課題の1つといえる。SSI予防策としての外皮消毒において、日本では主にヨウ素系消毒薬が使われてきたが、近年はメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)などの耐性菌によるSSI発生リスクが指摘されている。こうした中、耐性菌への有効性が期待されるビグアナイド系消毒薬オラネキシジンが登場したが、耐性菌への有効性をヨウ素系消毒薬と比較した報告はなかった。そこで慶應義塾大学外科学(一般・消化器)教室教授の北川雄光氏らの研究グループは、ヨウ素系消毒薬とオラネキシジンのSSI発生予防効果を比較検討する医師主導型ランダム化比較試験(RCT)を実施。オラネキシジン投与群でSSI発生が半減したと、Lancet Infect Dis2020年6月15日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京でコロナ患者急増、対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  オラネキシジン消毒薬で術後感染が半減

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07530669 有効期限:7月末まで