メニューを開く 検索 ログイン

FDA、希少疾患にカナキヌマブ承認

成人発症スチル病で初の治療薬

2020年06月19日 11:45

 米食品医薬品局(FDA)は6月16日、希少疾患の成人発症スチル病(AOSD)を含む活動性スチル病の治療薬としてヒト型抗ヒトインターロイキン(IL)-1βモノクローナル抗体カナキヌマブ(商品名イラリス)注射剤を承認したと発表した。同薬は、2歳以上の患者における全身性若年性特発性関節炎(SJIA)の治療薬として既に承認を受けている。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  リウマチ・膠原病 »  FDA、希少疾患にカナキヌマブ承認

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD530694 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外