メニューを開く 検索を開く ログイン

MRI造影剤投与時に注意したいポイントを解説

 2020年06月20日 05:00
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 造影MRI検査では、吐き気や嘔吐、蕁麻疹をはじめ、重篤な副作用が生じる場合があり、厳格な安全管理が求められる。名古屋大学放射線科教授の長縄慎二氏は、造影剤を用いる場合のMRIの安全管理についてポイントを第79回日本医学放射線学会(5月15日~6月14日、ウェブ開催)で解説。近年話題となっているGlymphatic systemとガドリニウム造影剤に関する研究についても紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

猛暑を過ごすイチ押しは?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  放射線 »  MRI造影剤投与時に注意したいポイントを解説

error in template: found but mtif was expected