メニューを開く 検索を開く ログイン

【シンガポール】デング熱が過去最多、さらに流行も[社会](2020/06/17)〔LEADERS online〕

 2020年06月21日 05:00
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

株式会社NNA提供

200601_ph1.jpg

シンガポールで6月7~13日にデング熱に感染した人は1,158人に達し、1週間当たりの感染件数として過去最多を記録した。今年の感染者は累計1万1,166人、死者は12人となっている。当局は今後さらに流行が加速するとみて、注意を呼び掛けている。

国家環境庁(NEA)によると、例年6~10月はデング熱の流行シーズンだが、今年は4月中旬ごろから1週間当たりの感染者数が急増している。これからピークシーズンに突入することから、今年の感染者数は、近年で最も流行した2013年の2万2,170人と同程度か、上回る水準となる見通しだ。

15日時点で、国内の211カ所でクラスター(感染者の集団)を確認している。2日時点の176カ所から大幅に増加した。

NEAが先に発表した声明によると、感染が多発している背景には、ここ30年間余り流行していなかった血清型のデング熱の流行がある。抗体を持つ人が少ないため、感染が増加している。

新型コロナウイルスの感染対策として実施された職場や学校の閉鎖措置「サーキットブレーカー」も一因だ。デング熱を媒介するネッタイシマカが活動する日中に、自宅で過ごす人が増えたことから、蚊に刺される人が増加。感染が増えるとともに、ネッタイシマカの繁殖が加速している。

リーダーズオンライン

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  LEADERS online »  【シンガポール】デング熱が過去最多、さらに流行も[社会](2020/06/17)〔LEADERS online〕

error in template: found but mtif was expected