メニューを開く 検索を開く ログイン

腋窩多汗症の新規治療薬が有効性示す

国内第Ⅲ相RCTの結果を報告

 2020年06月22日 05:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 科研製薬は、神経伝達物質アセチルコリンの作用を阻害する抗コリン薬BBI-4000(ソフピロニウム)の、原発性腋窩多汗症に対する有効性と安全性を検討する国内第Ⅲ相二重盲検ランダム化比較試験(RCT)の結果を第119回日本皮膚科学会(6月4~7日、ウェブ開催)と2020年米国皮膚科学会(6月12~14日、ウェブ開催)で発表。同薬の投与群はプラセボ群と比べ、重症度が有意に改善したと報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ禍での避難所生活。最も呼び掛けたい注意点は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  皮膚 »  腋窩多汗症の新規治療薬が有効性示す

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07530633 有効期限:7月末まで