メニューを開く 検索を開く ログイン

新型コロナによる経済・健康「格差」を探る

日本発のエビデンス目指しJACSIS研究始動へ

 2020年06月22日 10:39
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が社会経済活動や感染症以外の健康に及ぼす影響について把握することは、将来的に起こりうる未知の感染症対策に必要不可欠だ。大阪国際がんセンターがん対策センター疫学統計部副部長の田淵貴大氏が発起人となり、「日本におけるCOVID-19問題による社会・健康格差評価研究(The Japan COVID-19 and Society Internet Survey;JACSIS)」を立ち上げた。同氏は「科学論文として発信することで、世界におけるCOVID-19に関するエビデンス構築に貢献する」としている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  健康・公衆衛生 »  新型コロナによる経済・健康「格差」を探る

error in template: found but mtif was expected