メニューを開く 検索を開く ログイン

長いおこもり生活が老化を招く?

 2020年06月22日 17:18
プッシュ通知を受取る

35名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大のため、日本では4月16日から5月25日まで全国的に緊急事態措置が実施された。長時間を自宅で過ごす人が増え、コロナ疲れという言葉も聞かれた。順天堂大学大学院泌尿器外科学教授の堀江重郎氏は、長期間外出を控え自宅にこもるストレスにより、老化に関わる酸化ストレスが増えやすくなると警鐘を鳴らす。6月18日に開催された日本抗加齢医学会のウェブメディアセミナーで、在宅期間中のアンチエイジングについて解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  長いおこもり生活が老化を招く?