メニューを開く 検索を開く ログイン

国内初、下水からコロナウイルス検出

下水疫学調査の有効性を示唆

 2020年06月23日 05:15
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 富山県立大学工学部環境・社会基盤工学科講師の端昭彦氏らは6月16日、富山・石川両県の下水処理場を対象とした調査研究により、下水処理場流入下水から新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)遺伝子の検出に成功したと発表した。下水処理場を対象とした調査では国内初の事例で、下水のSARS-CoV-2モニタリング(疫学調査)が有効である可能性を示す成果だという。研究の速報版は査読前論文公開サイトmedRxiv(2020年6月11日オンライン版)に掲載された。(関連記事「下水疫学調査で新型コロナの流行状況把握を」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

QRコード使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  国内初、下水からコロナウイルス検出

error in template: found but mtif was expected