メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

コロナ患者、クロロキン投与で不整脈に

イスラエルの症例報告

 2020年06月23日 05:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 マラリア治療薬のヒドロキシクロロキンおよび類似薬のクロロキンは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)治療薬として期待を寄せる声がある一方、6月15日に米食品医薬品局(FDA)が緊急使用許可(emergency use authorization;EUA)を取り消すなど、有効性と安全性には疑問が呈されている。イスラエル・Tel Aviv Sourasky Medical CenterのYishay Szekely氏がHeart Rhythm2020年5月4日オンライン版)に発表した症例報告によると、クロロキンを投与されたCOVID-19患者において、QT間隔の延長と多形性心室頻拍(Torsades de Pointes;TdP)が認められたという。(関連記事:「FDA、ヒドロキシクロロキン緊急使用を撤回」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  コロナ患者、クロロキン投与で不整脈に