メニューを開く 検索 ログイン

コロナ薬レムデシビル、吸入剤の開発に着手

軽症を含め幅広い患者への投与が可能に

2020年06月23日 18:43

11名の医師が参考になったと回答 

 米・ギリアド・サイエンシズは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療薬である抗ウイルス薬レムデシビル(製品名ベクルリー)の吸入剤の開発に着手することを6月22日に発表した。現状では5~10日間にわたり点滴投与するため使用患者が限定されているが、吸入剤という新しい剤形の承認が得られれば、入院が必要でない軽症患者にも対象が大幅に広がることが期待される。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  コロナ薬レムデシビル、吸入剤の開発に着手

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD530743 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外