メニューを開く 検索を開く ログイン

世界200カ国のコレステロール値の変遷

39年間で欧米では大幅低下、アジアなどでは上昇

 2020年06月24日 05:18
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 世界200カ国・地域から約1億260万人分の心血管代謝危険因子データを集積した研究により、1980~2018年における世界のコレステロール値の変遷に関する解析結果が報告された。過去39年間に総コレステロール(TC)値とnon-HDL-コレステロール(HDL-C)値は欧米先進国で大幅に低下したが、アジアを中心に低~中等所得国においては上昇した。非HDL-Cの寄与が考えられる虚血性心疾患死と虚血性脳卒中死は2017年に世界全体で390万件あり、その約半数がアジアで発生していた。詳細はNature(2020; 582: 73-77)に掲載された。また、関連図表と国別データはNCD Risk Factor Collaborationのウェブサイトで閲覧が可能(関連リンク参照)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  世界200カ国のコレステロール値の変遷

error in template: found but mtif was expected