メニューを開く 検索を開く ログイン

CEACAM5高発現肺がんで抗体薬物複合体が有望

 2020年06月24日 05:12
プッシュ通知を受取る

 がん胎児性抗原関連細胞接着分子(Carcinoembryonic Antigen-related Cell Adhesion Molecule;CEACAM)5を発現している非扁平上皮非小細胞肺がん(NSQ NSCLC)を対象に抗体薬物複合体SAR408701の有効性と安全性を検討した国際第Ⅰ/Ⅱ相臨床試験の結果から、CEACAM5高発現例における良好な成績が示された。第56回米国臨床腫瘍学会(ASCO20 Virtual Scientific Program、5月29~31日、ウェブ開催)でフランス・Gustave Roussy InstituteのAnas Gazzah氏が報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  呼吸器 »  CEACAM5高発現肺がんで抗体薬物複合体が有望

error in template: found but mtif was expected