メニューを開く 検索を開く ログイン

未治療肺がんでEGFR-TKI同士の併用が好成績

オシメルチニブ+ゲフィチニブを第Ⅰ/Ⅱ相試験で検証

 2020年06月24日 05:10
プッシュ通知を受取る

 非小細胞肺がん(NSCLC)に対する上皮成長因子受容体阻害薬(EGFR-TKI)の2剤併用はまだ認められていないものの、EGFR-TKIは薬剤による遺伝子変異獲得がそれぞれ異なることから、併用療法の可能性が議論されている。米・Dana-Farber Cancer InstituteのJulia K. Rotow氏らは、Ⅳ期NSCLC患者の一次治療におけるオシメルチニブ+ゲフィチニブ併用の可能性を検証した第Ⅰ/Ⅱ相試験結果を第56回米国臨床腫瘍学会(ASCO20 Virtual Scientific Program、5月29~31日、ウェブ開催)で発表。実現可能性と忍容性が期待できることを示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

どうする、福島原発の汚染処理水

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  未治療肺がんでEGFR-TKI同士の併用が好成績

error in template: found but mtif was expected