メニューを開く 検索 ログイン

概日リズムがパーキンソン病発症に関与

2020年06月25日 05:00

12名の医師が参考になったと回答 

 約24時間周期で繰り返す生物学的リズムを「概日リズム」(サーカディアンリズム)と呼ぶ。概日リズムの乱れが睡眠障害を引き起こすことはよく知られているが、近年、うつ病や双極性障害といった精神疾患にも関連することが明らかになりつつある。このほど米・University of California, San FranciscoのYue Leng氏がJAMA Neurology2020年6月15日オンライン版)に発表した報告によると、概日リズム障害はパーキンソン病(PD)の病態とも密接に関与しているという。(関連記事:「時間生物学的治療はうつ病に有効か」「睡眠・覚醒が双極性障害と密に関連」

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  概日リズムがパーキンソン病発症に関与

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD530648 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外