メニューを開く 検索を開く ログイン

新型コロナ「回復期血漿療法」に学会が見解

日本輸血・細胞治療学会新鮮凍結血漿使用ガイドライン小委員会

 2020年06月26日 18:07
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 回復期血漿療法は、ウイルス感染から回復した患者の血漿を輸注する治療である 。日本輸血・細胞治療学会新鮮凍結血漿使用ガイドライン小委員会(以下、同委員会)は6月24日、回復期血漿療法の新型コロナウイルス(SARS-Cov-2)に対する有効性に関する見解を公式サイトで公表した。症例報告および臨床試験13件を検証し、手厳しい評価を下した。実施する場合の注意点にも言及している。(関連記事「COVID-19患者への血漿療法に有効性見られず」「COVID-19重症例に回復例の血漿投与が有益か」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  新型コロナ「回復期血漿療法」に学会が見解