メニューを開く 検索を開く ログイン

HER2陽性乳がん術後T-DM1、予後改善せず

非盲検第Ⅲ相ランダム化比較試験KAITLIN

 2020年06月28日 05:00
プッシュ通知を受取る

 HER2陽性早期乳がんの術後補助療法では化学療法と1年間のHER2標的療法が標準治療だが、再発リスクが課題である。非盲検第Ⅲ相ランダム化比較試験KAITLINでは、高リスクHER2陽性早期乳がん患者の術後補助療法における抗HER2抗体薬物複合体トラスツズマブ エムタンシン(T-DM1)+ペルツズマブ併用の有効性と安全性を検討。標準治療(タキサン系抗がん薬+トラスツズマブ+ペルツズマブ併用)と比べて無浸潤疾患生存率(IDFS)を改善しないことが、第56回米国臨床腫瘍学会(ASCO20 Virtual Scientific Program、5月29~31日、ウェブ開催)において、ドイツ・Brustzentrum der Universität MünchenのNadia Harbeck氏らにより報告された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京でコロナ患者急増、対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  HER2陽性乳がん術後T-DM1、予後改善せず

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07530771 有効期限:7月末まで