メニューを開く 検索を開く ログイン

10mm超の偶発膵がんの発見にPETが有用

 2020年06月30日 11:55
プッシュ通知を受取る

 腫瘍径10mm以下の小膵がんの検出は困難とされるFDG-PETだが、腫瘍径が10mmを超えれば検出可能となり、臨床的な有用性は高いと考えられる。順天堂大学放射線科教授の村上康二氏は、第79回日本医学放射線学会(5月15日~6月14日、ウェブ開催)で、早期の膵がん検出におけるFDG-PETの役割について考察し、PETにおける技術進歩を踏まえながらその有用性を論じた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  10mm超の偶発膵がんの発見にPETが有用

error in template: found but mtif was expected